洋服収納ラックが届いて

30歳を超えている私ですが、家庭の事情もあり、ずっと実家暮らしをしていました。 様々な事がありましたが、やっと家庭の事情も許すことになり、 一人暮らしをする事ができるようになりました。 とてもいい不動産会社の担当さんと出会う事ができて、部屋はすぐに決まりました。

引越業者の手配、はじめに必要な大物家具などをインターネットで購入して、 さあ単身引越しの当日です。 特に大きなトラブルもなく引越は進み、 荷物を運び込んでいる時に通販大手から洋服ラックの荷物が届きました。 これは一人では組み立てられないと思い、組み立ても依頼したものです。

玄関へ出ると、とても機嫌の悪そうな顔の組み立て業者の人が立っています。 私の気のせいかと思い中へ案内し、広いスペースととって作業を開始してもらいました。 ラックのサイズはもちろん計ってあります。 ところが、作業途中から、「あのここじゃ組み立てられないんですけど」「絶対入らないだろ!」 と何度も独り言のように言っています。

私の方から話しかけ、実際に置く場所へ移動してもらい作業を再会してもらいました。 しかし、そこは照明がまだついていないので、 手伝いに来てくれていた両親が懐中電灯で手元を照らしてより、 見えるようにしてくれていました。 それなのに両親の問いかけにも答えず、ずっと独り言のように文句ばかり言っています。 見かねて私が話しかけましたが、これも無視!作業が上手く進まないらしく、 一緒に来ていた部下のような人を大きな声で怒鳴り続けています。

ものすごい時間をかけ、やっと作業が終わるとムスッとした顔で、確認事項を読み上げて、 私の返事を待って帰っていきました。 引越業者さん、ガス屋さんなどみんな良い方で新たにいいスタートを切れると思ったのに、 気分は台無しです。 引越業者さんも苦笑いしていました。 業務委託をしているんでしょうが、きちっと指導してもらいたいものです。